自己破産とは?《弁護士の選び方・費用・期間》

自己破産とは?《弁護士の選び方・費用・期間》

自己破産とは、「借金を返すことは絶対にムリ!」
借金を¥0にしたい!」という方にピッタリの制度。

 

自己破産とは何か?デメリットは?

借金をなくすことが出来る制度になります。

 

すべての借金がなくなる代わりに

一定の財産を手放すことにはなりますが、辛さ、苦しさから逃れることが出来ます!
新たに再出発するため国がつくった制度なので、困ったときには利用しましょう!

 

ただ、借金の解決法「債務整理」には自己破産の他に3つの種類があります。
あなたの状況や、借金額によって債務整理方法は変わります
財産を手放したくない方には「個人再生」という考え方もあります!弁護士に相談することがおすすめです。

 

まずは、借金減額シミュレーターを使いましょう!

WEBのシミュレーターが便利です!減額出来る可能性や、解決法を調べられます。
※完全無料・匿名OK・住所必要ナシで使えます!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

今すぐ借金問題を解決したい

お急ぎの方は、弁護士への相談が早いです!

 

・借金問題をなるべく早く解決したい
・どうするべきか直接聞きたい

 

といった方は弁護士事務所の無料相談を利用すると良いです。
自分の現状とこれからどうするべきかを相談してみましょう。
24時間365日受付可能で無料相談ができる事務所があります。

 

 

自己破産のデメリットって…?

年金がもらえない、会社をクビにされる、というデマも流れていますが、実際はそんなことはありません。
ですが、信用情報機関のブラックリストに掲載されます。
なので、7年ほどクレジットカードが作れない、借り入れができなくなります

 

失敗したくない方の自己破産

月収の何十倍も借金を抱えているような状態にある場合、ほぼ間違いなく自己破産の手続開始決定を認めてもらうことが出来ます。

 

個人で行なう場合

難しいことも多いので、失敗する方もいます。なにより時間が掛かりすぎてしまって、精神的にも辛いです。

 

弁護士に依頼した場合

自己破産の手続き代行を行なってくれます。
即日面接と言う制度を利用する事で、面接を受けたその日に破産手続開始決定を受ける事が出来るのです。

今は借金専門の弁護士事務所も多く、よりスピーディに進めてくれます。初期費用がかからない事務所もあるので、自己破産を失敗したくない方は利用することをおすすめします。

 

自己破産の流れ・期間

まずは、弁護士に相談

※借入先の住所、連絡先、現在の債務額、取引開始年月がわかると◎

クレジットカードや請求書なども用意しておく
弁護士の指示に従って必要な書類を作成
早ければ2ヶ月ほどで自己破産の申し立てが出来ます
地方裁判所は、問題なければ書面審査で破産開始!
約1ヶ月後に免責が決定し、借金から解放

 

弁護士に依頼することで、約3ヵ月でスピード解決出来ます。
個人で行なう場合には複雑な自己破産の手続も、簡単に済ませる事が出来ます。
賢く債務整理したい場合は、相談することがおすすめです。

 

自己破産するときの弁護士や費用の選び方

相談費用が無料である

生活がギリギリ・・精神的にも辛い…という方には、相談費用が無料の弁護士事務所を選びましょう
無料相談で、現在のあなたの様子を話してみましょう。
費用のことについても聞けるので、安心することが出来ますよ♪
精神的にも軽くなることが多いので、しっかりとお話を聞いてくれる親切な弁護士を選びましょう。
法律は病気と一緒で、早期発見、早期治療が重要なんです。
なので、何でも弁護士に話せる方が対策をたてたり、トラブルも防止しやすいですよ。
適切なアドバイスをもらえるので、まずは相談してみましょう!

借金問題の知識や実績がある

債務整理の案件に力を入れている弁護士に任せましょう。
面倒な手続きもスピーディに進められますよ!

見分け方としては、その事務所の公式サイトや紹介されているのかを確認することです!
公式サイトも親切に説明してあるサイトは、実際の弁護士も親切な方が多いですよ。

 

【借金に強い!】弁護士事務所ランキング

サルート法律事務所

「家族に内緒で手続きしたい」という方必見!
初期費用0円から利用できる実績豊富な事務所です。

 

東京ロータス法律事務所

親切な弁護士がゆっくりお話を聞いてくれます。
なかなか相談できずにいる方も安心の事務所。

 

天音法律事務所

女性の借金相談でも安心の女性専用窓口です。
対応するスタッフはすべて女性なので相談しやすく、家族に内緒の相談などもOKです。

 

破産宣告とは?破産宣告とは破産手続開始決定の事で、破産法改正により呼び方が変わりました。 破産宣告=破産手続開始決定は、借金を返済するだけの支払能力がないと判断された場合に下るもので この宣告を受けなかった場合、借金を返済するだけの支払能力があると判断された事になるので、自己破産が認められません。 借金を返済出来るだけの財産を持っているのに自己破産の手続を始めようとした場合は 破産手続開始決定を受ける事が出来ないのです。 破産出来る状態にあるのかどうかという事をチェックしてもらう為にも、弁護士を頼る事をオススメします。 弁護士に自己破産の手続をサポートしてもらう場合、個人で手続を行うよりも 数ヶ月早く手続を終わらせることが出来、債務者という立場を返上する事が出来ます。 通常、個人で自己破産の手続を行なう場合、自己破産の申立が受理されてから 1~2ヵ月後に裁判官との面接が行なわれ、この面接で破産手続開始決定が必要かどうか判断されます。 弁護士に自己破産の代行手続きをお願いした場合は、こういった面接は弁護士と裁判官で行なわれ 債務者は待っているだけで良いのです。 弁護士が面接を受ければ、破産手続開始決定はほぼ間違いありませんし 申立を行なった日に、面接を受ける事が出来るので、免責許可取得まで最短で手続が行えます。 まずはじめに自己破産とは?
債務整理特集

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法