自己破産での車ローン質問です【マイカーローン攻略ガイド】

自己破産での車ローン質問です【マイカーローン攻略ガイド】

自己破産後は10年以上過ぎないと車ローンの審査に通りにくくなってしまう可能性が高いため、ゆくゆくは車ローンを組みたいと考えている方にとって自己破産は厳しい選択です。
そこでもう一度考えたいのが、”自己破産が本当に自分に合った解決方法なのか?”という点です。
≪車は必要だけど自己破産をお考えの方、まずは無料診断を!≫

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

自己破産と車ローン

自己破産は債務整理の中で最も効果的な方法であるとされており、債務問題が大きくなりすぎてどうしようもなくなってしまったというような際に特に選ばれる方法となっています。
しかし注意しなくてはならないのが、自己破産の場合は対象とするローンを選択することができないということです。
まだ支払い続けている車ローンがある場合や、自己破産後に車ローンを申し込みたい場合などはどうなるのでしょうか?

 

自己破産|支払い中の車ローンがある場合はどうなる?

自己破産の手続きをすると、抱えている債務の全てが免除されるとうメリットがありますが、デメリットとして債権回収のために財産を失う可能性があるのです。原則として車のローンが残っている場合は手元に残すことができません。ローン会社によって自家用車は引き上げられてしまいます。
たとえ時価20万円以下の車であっても、そこにローンが残っているのであれば持っていかれてしまうということになるのです。

 

自己破産|車のローンをすでに完済している場合はどうなる?

この場合については、自家用車の価値によって扱いが異なります。

 

時価で20万円以上の価値がある車

自己破産をする場合には20万円以上の財産価値がある物については、現金に換価して債権者へ分配することになっています。

 

時価で20万円以下の価値しかない車

これであればそのまま所有することが可能となっています。

 

自家用車の価値は、中古車買取店や自動車ディーラーで査定してもらうことで調べることができます。
また、裁判官の裁量によって稀に自家用車を手放さずに済むケースもあるので、どうしても手放したくないのであれば、弁護士や専門家に相談してみましょう。

 

自己破産後、車ローンを申し込みたい場合はどうなる?

借金返済ができず自己破産した人は、ローンなどはいつからできるようになるのか、気になるものです。
金融機関でお金の借入を申し込む際に、必ず照会する個人信用情報があります。これは、申し込む相手が信用できるかどうかを調べるもので、過去の借入履歴や返済履歴を見て、問題なければ融資をしてくれます。
この個人信用情報を管理している機関は3つありますが、それぞれ貸し倒れを起こさないために、情報交換を行っています。
自己破産したという情報は、7年から10年ぐらいの期間、保存されることになります。この情報が消えないまで、ほとんどの人はローンが組めなくなります。そのため、自己破産した人がローンを組むには、破産後10年ぐらい過ぎないと、難しいと言われています。さらに、データ管理の仕方がそれぞれの情報機関によって異なるので、10年以上経てば情報が抹消されるとは言い切れません。

 

また、自己破産に関わった金融機関以外でローンを組むことを考えましょう
借りたお金を返済できないまま自己破産してしまった場合、取引していた金融機関では自己破産者情報を自社で管理しているため、過去に自己破産していることはすぐわかってしまいます。当然、審査も通りにくくなってしまうでしょう。

 

自己破産での車ローン|まとめ

 

自己破産した場合・・・・

 

・原則として車ローンが残っている場合は手元に残すことができない。
・車ローンをすでに完済していても、時価20万円以上の価値がある場合は、現金に換価して債権者へ分配される。
・自己破産後、車ローンを申し込みたい場合は、少なくとも破産後10年以上待つ必要がある。
・破産後10年以上経っても情報が抹消されるとは言い切れないので、審査に通るとは限らない。

 

このように、自己破産という方法にはさまざまなデメリットも存在しているものです。
そうしたものを無視して安直に選択してしまうとその後の生活に多大な影響が出ることもありますから、事前に必ずチェックしておくことが必要となるのです。

自己破産を経験すると、当然、しかるべき個人信用情報機関に金融事故を起こしたことが記録として残ってしまいます。そしてその期間は、金融機関とのお付き合いは大きく制限されてしまうことになります。たとえば、銀行や消費者金融などに借り入れを申し込んでも、審査に通ることはまず考えられません。もちろん、住宅ローンや車ローンなどに申し込んでも、審査落ちは確実と考えて間違いありません。 しかし、だからと言って自己破産の経験者は永遠に金融機関から相手にしてもらえなくなってしまうわけではありません。申し込んでも審査に通らないのは、あくまでも金融事故の情報が残っている期間だけです。ですから、その事故情報が無事に消えてくれた後であるならば、審査に通る可能性はあるのです。 ただ、問題なのは、事故から何年が経過すれば自己破産の情報が消えてくれるのかというと、それは明確には分からないのです。一説には金融事故は、5年で情報が消えると言われています。しかし自己破産の情報は、7年だという説もあります。 しかも自己破産は裁判所で破産宣告を受けた日を基点として7年数えるとは限らず、破産宣告を受けた後、クレジット会社の審査機関に登録された日を基点として7年数えることも多いと言われています。そう考えると、車ローンに申し込むのは自己破産後、8年くらい経過した後のほうが無難と考えられます。もちろん、8年後でも確実に審査に通るとは言えません。それゆえ、まずはクレジットカードに申し込んで1年以上健全な利用実績をつくって、その後に車ローンに申し込むのがよりベターと言えます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産での車ローン質問です【マイカーローン攻略ガイド】関連ページ