自己破産後の生活~結婚とか普通の暮らしって出来ますか?~

自己破産後の生活~結婚とか普通の暮らしって出来ますか?~

自己破産後について

自己破産後に取得した収入や給料や不動産を「新得財産」と呼び、処分されることはありません。以前の法律では、破産手続開始決定が下りて、免責許可の決定を受けるまで(数ヶ月はかかります)は一定の給料が差押えられる可能性がありました。

 

借金問題解決策

しかし、平成17年1月1日に改正された新破産法によって強制執行は禁止となりましたので、破産手続開始決定以降に給料を差押えることは一切できなくなりました。
 「新得財産」と認められるのは、「破産手続開始決定」が下りた時点以降の収入です。つまり、破産の手続き申請を行って、「破産手続開始決定」の日以降の収入は新得財産と認められ、これに対し差し押さえなどは一切行えません。ですから、この日以降に、もし遺産相続することになった場合はこれも「新得財産」となるので債権者はこれを取り立てることはできません。

 

債務整理に強い弁護士に相談

ちなみに、自己破産を行うと様々な法律上の制約を受けますが、民法に定められた法定相続人になれない条件、つまり「欠格事項」には自己破産者は記されていませんので、遺産相続は問題なくできるようです。
 さて、「破産手続開始決定」の日以前に遺産相続していると、債権者に分配するための整理対象の財産になることが考えられますが、それを回避するために事実を隠したり曲げたりすると、破産どころか「破産詐欺罪」という罪に問われます。この罪は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に問われ、凶悪犯罪に匹敵する思い罪なのです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産後の生活~結婚とか普通の暮らしって出来ますか?~関連ページ