自己破産での官報掲載時期《載るタイミングはいつですか?》

自己破産での官報掲載時期《載るタイミングはいつですか?》

実は、自己破産以外にも借金を整理する方法があるんです!
自己破産の手続きをすると、官報に掲載されます。
≪自己破産以外の方法で解決できないか、シュミレーションで確かめましょう。≫
シュミレーションすることで、自分に合った解決策を知ることができます!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

自己破産|官報に掲載されるタイミングと期間は?

 

自己破産開始決定の約2週間後免責決定の約2週間後2回掲載されると言われています。

 

期間についてですが、掲載されるのは2回ですが、官報は1度発行されると保存されている限りはずっと見ることができます。新聞などと同じと思っていいでしょう。

 

自己破産と官報掲載

自己破産とは借金の返済ができなくなってしまったときに、裁判所において返済能力がないことを認めてもらって支払い義務を免除してもらう手続きのことを言います。
生活費が足りなくなったことが原因であったり、人間の人生として様々な理由によって借金が増えてしまうものだと思います。努力を重ねても返済していくことができないと判断できるときには、自己破産という方法を選択することによって借金を帳消しにすることが可能です。
自己破産の大きなメリットとして借金に対しての返済義務が無くなることと言えるわけですが、自己破産の手続きを行ったことに関してできれば多くの人に知られたくないという人も多いでしょう。しかし、自己破産の手続きにおいては、官報という名前の公的な書類に掲載されることになります。
このために、第三者に破産を行ったことが知られてしまうリスクについて、手続きを行う前に把握しておくことが大切です。

 

>>シュミレーターで自分に合った債務整理を診断

 

今すぐ解決したいなら無料相談

「なるべく早く借金を解決したい」
「専門家に話を聞いてみたい」
⇒弁護士への無料相談を利用しましょう

 

無料相談ならお金はかかりませんし、専門的なアドバイスをもらえるので借金の悩みにきっと役立つはずです。
悩んでいるならまずは無料相談から試してみましょう。

 

↓無料相談ができる事務所はこちら↓

 

 

 

そもそも官報とは?

官報は、法律、政令、条約等の公布をはじめとして、国の機関としての諸報告や資料を公表する”国の広報誌”、”国民の広告誌”です。
様々な役割を担っているものですが、近年ではインターネット上においても閲覧が可能となっています。
自己破産の手続きは裁判所を経由して行われるものとなりますので、官報による公開については差し止めをすることはできません

 

官報はどんな人が見るの?影響は?

 

では、官報に掲載されることによって「会社や近所に債務整理がバレる」「クレジットカードが使えなくなる」といった生活への影響はあるのでしょうか?

 

結果から言うと、

  • 会社や周囲にバレることはほぼない
  • 自身の信用情報には影響がある

 

ほとんどの人は官報を知らない?!

 

まず、官報は一般の人が見ることはほとんどありません。一応、毎日発行されておりネットなどで見ようと思えば見ることもできますが、ほとんどの人はその存在すら知りません。

 

そのため、官報に載ったからといって、債務整理をしたことが周囲にバレることはほとんどないと言えます。

 

官報を見るのはどんな人か?

 

では、一体官報は誰が見ているのでしょうか?

 

具体的に挙げると以下のような人たちが考えられます。

 

・個人信用情報機関 (ブラックリスト情報を載せている機関)
・市町村役場の税務課・国民健康保険課など
・保険会社・金融会社・警備会社など
・ヤミ金

 

ブラックリストには登録されてしまう…

官報に載ることで、誰かに債務整理がバレるといった可能性はほとんどないことがわかりました。

 

では、官報に載ることによる影響は何か?

 

もちろん、全く影響がないというわけではありません。
以下のような影響が考えられます。

 

ヤミ金業者からのダイレクトメール

官報で情報を得て、ダイレクトメールを送りつけてくることがあります。どこからもお金が借りられないことを知っているため、自分たちが高い金利でお金を貸そうと考えているのです。
ほんの一時的なものなので放って置いて問題ありません

 

信用情報(ブラックリスト)への登録

官報に載ることで信用情報機関の事故情報が登録され、一定期間クレジットカードやローンが利用できなくなります。
自己破産の手続きをした場合には期間は約7年~10年と言われています。

 

自己破産は弁護士に相談しよう

 

依頼をする前にまずは無料相談をしよう!
現状をどのようにしたいのかを伝え、しっかりと対応が出来る事務所を選びましょう。
弁護士選び、借金解決のために大事なポイントとなります。

 

>>自己破産以外の債務整理とは?シュミレーター

 

 

自己破産での官報掲載について|まとめ

 

①官報とは国の広報誌のようなもの

 

②自己破産の場合、官報には2回掲載される

 

③影響は、ブラックリストへの登録ヤミ金業者からのDM

 

 

官報について理解いただけたでしょうか?

 

債務整理をする前に、本当に自分に最適な方法なのか、1度シミュレーションしてみましょう。

 

↓無料診断はこちら↓

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

債務整理するならまずは無料相談!

債務整理の手続きは複雑で、素人が1人ですべてやるのは難しいです。
債務整理するかどうかを含めて、無料相談を利用して聞いてみるといいと思います。

 

 

女性の方には専用窓口があります

借金問題解決策 自己破産では換価できる財産がある場合、一定以上の財産を失う代わりにすべての債務の支払いが免除されます。 とくに財産が無い方は失うものはありませんが、ブラックリストに掲載される、官報に掲載される、連帯保証人には迷惑が掛かる、一部の職業で制限があるなど様々なデメリットがあります。 一部の職業で制限があるとは言っても破産手続開始決定と免責許可の決定が下されるまでの3か月から6か月の期間です。 自己破産かかる期間 自己破産したからと言って職を失ってしまうことはありません。 換価される財産がある場合は6か月から12か月と、職業に就けない期間が長くなります。 免責許可の決定が下されるまで進んで、もう一度職業に就けるようになることを復権と言います。 復権される条件は換価できる財産を持っていて、一定以上の財産がある場合は処分して債権者の返済に充てること、
免責不許可事由に該当しておらず、免責許可の決定が下されることです。 自己破産までの流れ 借金の原因がギャンブルや浪費といったケースは免責不許可事由に該当しますが、裁判官によっては裁量で免責許可の決定が下されることがあります。 弁護士に自己破産の手続きを依頼していた場合は、免責許可の決定が下されやすいようにお手伝いをしてくれます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産での官報掲載時期《載るタイミングはいつですか?》関連ページ