自己破産かかる期間は平均どのくらいですか?※債務整理ガイド

自己破産かかる期間は平均どのくらいですか?※債務整理ガイド

 

自己破産の手続きについて

自己破産をしたときには、全てが終わるまでの期間は債務者の事情や債務の状況、弁護士に依頼しているかで違ってきます。
早いと約3ヶ月ぐらいで、平均的には3ヶ月から6ヶ月ほどですが長くなると1年以上になることもあります。

また、自己破産を弁護士に依頼したときには、自分で全て行うよりも早く終わります。

 

債務整理に強い弁護士に相談


破綻手間開始決定が下りてから、免責許可の決定を受けてからになるのですが、決定が下りるまでには申立てをしてから一ヶ月から二ヶ月ほどかかります。

ただ、一部の裁判所では即日面接という制度があって、この場合だと申立てを行ったその日または三日以内に、弁護士と裁判官が面接を行い、債務者が支払不能と破断されると破産手続開始決定がおります。
即日面接は、弁護士が代理人となっている場合のみで、債務者本人がおこなったときには認められていないので、早く終わらせたいときには弁護士に依頼した方がよいです。

 

借金の返済計画の立て方


破産手続き開始決定後に、債務者に換価するほどの財産があるときは同時廃止になって、引き続き免責許可の決定手続きに移るので、自己破産手続きの期間は早まる可能性が高いです。
また、換価するほどの財産があると判断されたときには、管財財産となって破産管財人が選任され、財産を処分して各債権者に配当するので期間は長くなります。

管財財産と判断されると、長いと半年から一年以上かかりますが、一部の裁判所では2ヶ月から3ヶ月以内で終わらせる少額管財事件という制度があります。
この場合も、弁護士が代理人となっているときのみで、司法処理に依頼しているときは利用出来ません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産かかる期間は平均どのくらいですか?※債務整理ガイド関連ページ