【自己破産】弁護士との流れまるわかりガイド!【失敗したくない】

【自己破産】弁護士との流れまるわかりガイド!【失敗したくない】

 

債務整理の相談費用

これ以上債権を支払っていくのは難しい状況に陥った方の救済措置として、自己破産手続きを申告することができます。しかし、この手続きは裁判所によって受理するかを決めることができるため、専門家を介しての申請となります。個人だけでの手続きは困難なため、弁護士や司法書士に相談することが一般的な流れとなります。しかし、相談といってもいきなり弁護士に連絡するのは抵抗がある方もいると思いますので、行政や弁護士会などが無料で多重債務者に対する相談センターなどを開設しています。

 

 

自己破産すると

希望すれば弁護士も紹介してくれますので、こうしたサービスで相談するのも方法の一つとなります。また、自己破産を申請したからといって、必ずしも認められるものではないことは認識しておきましょう。

 

債務整理に強い弁護士の選ぶコツ

自己破産が申請されたとしても、すべての債権が無効になるとは限りません。税金や罰金などはもちろんこれからも払っていかなければなりません。また、この法律は破産申請した方に適用されるものであって、保証人には残念ながら適用されません。ですから、自己破産が申請されたら、次に支払い義務が生じるのは保証人になってくるため注意が必要です。そのほかにも、生活していく上での制限もあります。たとえば、公職や一定の資格が必要な職業への就職することはできません。さらには警備員にも就職することはできません。自己破産を申請している方で、これらの職業に就いてる方は弁護士に相談しておくことが大切です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

【自己破産】弁護士との流れまるわかりガイド!【失敗したくない】関連ページ