自己破産2回目について【2度目は絶対に無理なのか?】

自己破産2回目について【2度目は絶対に無理なのか?】

自己破産は、回数の制限がありません。

 

つまり、2回目でも自己破産はできます

 

ただし、1回目の自己破産から7年以上経過していることが最低条件です。

 

2回目の自己破産でも無料相談できる窓口

 

相談料金 借金に関する相談は何度でも無料
受付時間 24時間365日対応
特徴

①費用の支払いは分割払いOK
②初期費用0円
③豊富な実績

【メール・電話】での無料相談もOK!
メール相談はこちら
↑※メール相談はこちらから

 

自己破産できる?

今すぐ知りたいならシミュレーター

  • 私の借金は自己破産できる?
  • 最適な債務整理は本当に自己破産?
  • 自己破産する費用はいくらかかる?

 

まずは借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。

債務整理シュミレーター

診断料金 無料
受付時間 24時間365日
特徴

匿名・住所不要で利用できる
5分・ネット完結で診断

 

自己破産ができるのか?
できないとしたら他に方法はあるのか?

 

≪シュミレーションで最善の方法を知りましょう。≫

 

>>無料借金シミュレーターはこちら

 

2回目の自己破産を成功させるには…?

自己破産2回目でもできるのか?

収入が無くなり、借金の返済が不能になった人は自己破産を申請することになりますが、自己破産は何も1度しかできないということはありません。
2度でも3度でも法律上では行なう事ができるようになっています

 

ただ、1回目の自己破産から7年以上経過していない場合は免責が下りないので、そこだけは満たしているかきっちり確認しましょう。

 

2回目の自己破産|免責許可について

よく、メディアなどで2回目の自己破産は不誠実の債務者と認識されてしまい、裁判所で免責されないといった趣旨の事例を目にします。

 

ですが、実際は2回目の自己破産も全て却下されるというものではなく、2回目の自己破産が認可されたケースは決して珍しいものではありません

 

ただ、一般的には1回目よりも免責認可の審査は厳しくなると言われています。
1回目同様、借金の理由がギャンブルや浪費であったとなると2回目の自己破産を受けるのは難しいと思ったほうがいいです。

 

>>自己破産できる?無料借金診断はこちら

 

2回目の自己破産について【まとめ】

2回目の自己破産はいつからできるの?

免責許可を得てから7年を経過してからなら申請は可能!

自己破産をすると、善良な第三者の債権者が債権を失うことになります。従って、自己破産者は深く反省し、更生することを前提に免責の許可を得ることになります。
そのため、自己破産をした後ですぐに自己破産の申請をすることは社会正義上許されず、免責許可を得てから7年を経過しないと2度目の申請はできません

 

なお、7年が過ぎれば申請はできますが、同じことを繰り返すということは1度目の失敗を反省しておらず、更生の意思が弱いと判断されるため、免責許可の認められないケースが多くなります

※免責が下りなければ破産はできても、借金は減らないということになります。しかも、契約不履行による期限の利益が失われるため、債務残高の一括返済を要求されることにもなりかねません。

 

2回目の自己破産、免責許可の認められる可能性は?

1回目とは全く違う返済不能の妥当性のある理由があれば、認められる可能性はあります!

1度目とは全く違う返済不能の妥当性のある理由があれば、認められる可能性はあります。
例えば、1回目は収入が無くなったことによる生活苦のためで、2回目は突然の債務保証の場合などです。

 

ただし、返済不能の裏に浪費や努力不足があると、免責が許可されません

 

>>弁護士法人サルートの無料相談はこちら

 

2回目の自己破産でも免責許可を得るための条件

絶対条件は前回から7年経過していること

2回目の自己破産となると債務を背負ってしまった理由は厳しく確認されます。
その中で絶対にクリアしておかなければならない点が、前回の自己破産後7年を経過していることです。
他の条件をいくら満たしたとしても、7年は経過していないとできないのが通常です。

 

自己破産は全ての債務を免責させてしまう債権者にとっては大きなリスクとなる制度です。にもかかわらず免責させるものですから、当然頻繁に使うことはできないのです

 

借金をした理由

次に、借金した理由によっては免責すべきではないと裁判所が判断してしまう可能性がある点です。

 

”借金が返済できない”という状況であっても、計画的な借金だと判断されてしまったり、あるいは同じような借金を繰り返して悪質な債務者だと判断された場合は免責を否認されてしまいます

 

その難易度は1回目とは比べ物にならないほどハードルが高い為、同じ様な債務は避けるべきだと言えます

 

>>自己破産できる?ネット完結の無料診断はこちら

 

腕の良い弁護士さんの手助け

事実は同じだとしても主張の方向性や理由の差などによって2回目でも免責されるケースもあります。

 

その最たる要因は、腕の良い弁護士さんを味方にしているか否かだと言われています。

 

このような弁護士さんは借金に至った経緯や理由などを的確に分析してくれる為、自身で手続きを行うよりもはるかに適切な主張をしてくれ、解決への手助けとなるでしょう

 

>>【債務整理特化】弁護士法人サルートはこちら

 

2回目以降の自己破産のチェックポイント|まとめ

自己破産は2回目も3回目も申請することは可能だが、免責許可を得てから7年を経過していることが必須条件!
返済不能の裏に浪費や努力不足があると、免責が許可されないので要注意!
2回目の自己破産に失敗しないためには腕の良い弁護士さんが鍵になることも!

 

2回目の自己破産も対応してくれる弁護士事務所はこちら!

24時間365日相談可能で、何度でも相談が無料なので
まずは気軽に相談してみるのもおすすめです。

 

条件別相談窓口-○○ならここ!-

 

闇金相談ならウイズユー司法書士事務所

一般的に闇金対応を敬遠する弁護士事務所は多いです。
闇金対応のノウハウがあるウイズユー司法書士事務所も無料相談ができるので、まずは相談してみましょう。

 

ウイズユー司法書士事務所
⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産2回目について【2度目は絶対に無理なのか?】関連ページ